マンボ・ムーチョ・マンボ〜コンプリート・コロムビア・マスターズ/マチート&ヒズ・アフロ・キューバン・オーケストラ
Epic
 マチートは、ティト・プエンテ、ティト・ロドリーゲスらと並び、マンボ黄金期の中核をなした最重要のバンド・マスターだった。アフロ・キューバンからサルサへの橋渡しをなした人物でもあり、彼の楽団はチャーリー・パーカーディジ・ガレスピーらとの交流の中から、歴史的な録音を残したことでも知られる。
 このアルバムは、1951年から52年にかけて…つまりマンボ・ブームの真っ盛りに、コロンビアに録音した20曲をすべて収録したCDである。華やかなあのマンボの時代を、ニューヨークのダウンタウンにあったボールルームの名を取って「パラディアム・デイズ」と別称することがあるが、このアルバムはまさにその雰囲気を味わうためにある。
 マンボの時代、白人社会にまで深く食い込み世界的に名を成したラテン・オーケストラとしてはザビア・クガートやペレス・プラードらがいるが、今からすればケレン味の強い彼らと異なり、マチート楽団はアフロに根ざした豪快なスウィングが大前提にあり、そこがキューバ人やプエルトリコ人、そしてアメリカン・ブラックに強く支持されたのだった。
 楽団の素晴らしい力量を知るなら「サンビア」や「マンボ・イン」などを。グラシエーラ(マチート)のお色気たっぷりの歌ならお得意「シー・シー・ノー・ノー」「ケ・メ・ファルタ」を。もちろんボーカリストとしての味わいも「カラムボーラ」などで聞くことができる。
(藤田正)
*なお、ザビア・クガートの名作『オリジナル・ラテン・ダンス・キング』もマチートと同時に発売された。

amazon.co.jp-『マンボ・ムーチョ・マンボ〜コンプリート・コロムビア・マスターズ』
amazon.co.jp-『オリジナル・ラテン・ダンス・キング/ザビア・クガート』

( 2005/08/17 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
アフロ・キューバン
エル・ブラヴォ!/モンゴ・サンタマリア
マンボ・ムーチョ・マンボ〜コンプリート・コロムビア・マスターズ/マチート&ヒズ・アフロ・キューバン・オーケストラ
キューバ音楽の新星、ロベルト・フォンセーカ
第2回ラテン・グラミー受賞者、ようやく発表される
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
キンデンボ/アルセニオ・ロドリゲス
黄金時代のマンボ:ティト・プエンテの名盤(1)
新世代のアフロ・キューバン『ロベルト・フォンセーカ/No Limit』
ウィリー・ナガサキ、燃えてます!:<Live vol.3>は3月6日
ビバ・リベラ!/エクトル・リベラ 
10年ぶりの再会:ニューヨーク・ラテン&ジャズの奇才、ジェリー・ゴンサーレス
これぞラテンNY/ストリート系:初来日のジョー・バターン
ティト・ロドリゲス(ラテン)
傑作登場! リトル・ルイ・ベガの初ソロ『Elements Of Life』
チコ・オファリル(ジャズ)(ラテン)
Beats21だけの全曲解説『モア・ザン・マンボ/ジ・イントロダクション・トゥ・アフロ・キューバン・ジャズ』
「マンボラマToyko」推薦CD@Universal Music
モダン・キューバンの雄、マノリートが来日
「マンボラマToyko」推薦CD@東芝EMI
10年目を迎えた打楽器教室「ブロンクス・パーカッション・スクール」
ディジ・ガレスピー
あの昭和20年:日本の敗戦と世界の音楽
マンボ・ムーチョ・マンボ〜コンプリート・コロムビア・マスターズ/マチート&ヒズ・アフロ・キューバン・オーケストラ
マイルス・デイビス 80歳おめでとう特集
チコ・オファリル(ジャズ)(ラテン)
10年ぶりの再会:ニューヨーク・ラテン&ジャズの奇才、ジェリー・ゴンサーレス
レイ・ブラウン(ジャズ)
J・J・ジョンソン
キューバ音楽とジャズをつないだチャノ・ポソの集大成『El Tambor De Cuba』
2通の訃報:マックス・ローチとマリオ・リベーラ
Beats21だけの全曲解説『モア・ザン・マンボ/ジ・イントロダクション・トゥ・アフロ・キューバン・ジャズ』
チャーリー・パーカー
あの昭和20年:日本の敗戦と世界の音楽
マンボ・ムーチョ・マンボ〜コンプリート・コロムビア・マスターズ/マチート&ヒズ・アフロ・キューバン・オーケストラ
チコ・オファリル(ジャズ)(ラテン)
マイルス・デイビス 80歳おめでとう特集
レイ・ブラウン(ジャズ)
「マンボラマToyko」推薦CD@Universal Music
2通の訃報:マックス・ローチとマリオ・リベーラ
J・J・ジョンソン
チャーリー・ヘイデン・ストーリー
10年ぶりの再会:ニューヨーク・ラテン&ジャズの奇才、ジェリー・ゴンサーレス
マンボ
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄(Flyer)
3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
PHOTO LIVE:カルロス菅野/play Cal Tjader!
あの昭和20年:日本の敗戦と世界の音楽
決定!「ディアマンテス 結成20周年記念・特別限定ライブ」:チケット販売
マンボラマNo.5:ビバ・ラテン・ロック!with アルベルト城間
「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
ウィリー・ナガサキ CD『MIDNIGHT RUMBA』発売記念スペシャル・ライブ!
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
金沢名物「ジャングル・ナイト」にマンボラマTokyoが特別参加
マンボラマNo.4 ニューヨーク・ラテンのデザイン(佐藤卓氏を迎えて)
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
2月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
不朽の名ベーシスト、カチャーオ・ロペスさんが亡くなる
キンデンボ/アルセニオ・ロドリゲス
ラリー・ハーロウ、13名のフルオーケストラでバリバリのサルサ
黄金時代のマンボ:ティト・プエンテの名盤(1)
マンボ・ムーチョ・マンボ〜コンプリート・コロムビア・マスターズ/マチート&ヒズ・アフロ・キューバン・オーケストラ
「マンボラマToyko」推薦CD:『シエンブラ』ライナーpt.2
レオン・イチャソ監督に注目!…『エル・カンタンテ』『クロスオーバー・ドリーム』
サルサ
3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
こんな音楽を聴いて欲しい! 連載5
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
Introducing...エリック福崎を紹介する
マンボ・ムーチョ・マンボ〜コンプリート・コロムビア・マスターズ/マチート&ヒズ・アフロ・キューバン・オーケストラ
沖縄特集II アルベルト城間(DIAMANTES)インタビュー
ラリー・ハーロウ、13名のフルオーケストラでバリバリのサルサ
エル・ブラヴォ!/モンゴ・サンタマリア
スペシャル・ラテン・ナイト! ウィリー・ナガサキ&コンボ・インぺリアル
不朽の名ベーシスト、カチャーオ・ロペスさんが亡くなる
ラテン・ミュージックに取り憑かれて--岡本郁生
金沢名物「ジャングル・ナイト」にマンボラマTokyoが特別参加
 イラストレーター、河村要助とは
黄金時代のマンボ:ティト・プエンテの名盤(1)
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
Beats21 Memorabilia2001:from Best10 to Best1
キューバ音楽の新星、ロベルト・フォンセーカ
ウィリー・ナガサキ、燃えてます!:<Live vol.3>は3月6日
1967年のレイ・バレット、『ラティーノ・コン・ソウル』
表紙へ戻る