チコ・オファリル(ジャズ)(ラテン)
Chico O'Farrill

 ディジ・ガレスピーやチャーリー・パーカーなどと共に「アフロ・キューバン・ジャズ」をクリエイトとしたアレンジャー、バンド・リーダー。
 1921年10月28日〜2001年6月27日。キューバのハバナの出身。
 48年にニューヨークへ向かい、ベニー・グッドマンやスタン・ケントンらにキューバン・ラテンのテイストを活かした曲を提供する。特にマチートの「Afro-Cuban Jazz Suite」は時代を画する名作として有名。また彼自身の名義となる大作『Cuban Blues』などでもその才能を発揮した。  
 その後、長くテレビ関連の仕事が中心となっていたが、95年の『Pure Emotion』がグラミー賞候補となった。99年の『ハート・オブ・ア・レジェンド』も同賞候補に。
(July,2001)

( 2001/07/03 )

仲村奈月(沖縄)
鈴木あみ(日本)
饒辺愛子(よへん・あいこ)[沖縄]
大島保克(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
照喜名朝一(てるきな・ちょういち)[沖縄]
大濱安伴(おおはま・あんぱん)[沖縄]
前川守賢(まえかわ・しゅけん)[沖縄]
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
ウォルター・アファナシエフ(ポップ)
糸満ヤカラーズ[沖縄]
モンゴル800(沖縄)
吉屋鶴(ゆしや・ちるー)[沖縄]
ジョージ・マーティン(ロック)
山内昌徳(やまうち・しょうとく)[沖縄]
阿麻和利(あまわり)[沖縄]
りんけんバンド[沖縄]
城間ひろみ(しろま・ひろみ)[沖縄]
国吉源次(くによし・げんじ)[沖縄]
佐渡山豊(さどやま・ゆたか)[沖縄]
チコ・オファリル
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
チコ・オファリル(ジャズ)(ラテン)
Beats21だけの全曲解説『モア・ザン・マンボ/ジ・イントロダクション・トゥ・アフロ・キューバン・ジャズ』
「マンボラマToyko」推薦CD@Universal Music
表紙へ戻る