キューバ音楽の新星、ロベルト・フォンセーカ
ビクター
 キューバ音楽の未来を担う一人とされるピアニスト、ロベルト・フォンセーカが来日した。
 フォンセーカは、2001年8月に日本でのデビュー盤『No Limit』(ビクター)を発売したばかり。伝統的なキューバンからヒップホップまで、広く才能を発揮する青年のプロフィールを聞いた。[協力:ビクターエンタテインメント]
**
----生まれは?
 1975年3月29日です。キューバの首都ハバナの音楽一家の出身。
----音楽は小さい頃から覚えた。
 そうです。父はドラマー、母は歌手兼ダンサーで、兄の影響でドラムを始めて、その後すぐにピアノを弾くようになりました。ピアノは他の楽器に比べて何でも出来る楽器なんですよ。どんなジャンルの音楽でも、どんなメロディーでもリズムでも演奏することができる完全な楽器です。キューバの伝統音楽は、兄弟たちの影響でティーンの頃から深く親しむようになりました。
ビクター
----何でも聞く、と。
 ぼくが小さな当時から、音楽情報はキューバに不自由なく入ってきていますから。ジャズやフュージョンにも影響をうけました。ハービー・ハンコックやジョン・コルトレーン、マイルス・デイビス、キース・ジャレットなどがフェイバリット・アーティストです。
----キューバ音楽では?
 キューバ伝統音楽ではアルセニオ・ロドリーゲス。そして彼の楽団でピアノを弾いていたリリ・マルティーネスがフェイバリットですね。(注:両者は、サルサにも重大な影響を与えた現代キューバ音楽の大物)
----正規の音楽教育も受けたわけですよね。
 音楽学校へ進学しクラシックを学びました。音楽学校ではクラシック一辺倒。基礎と理論を徹底して教わりました。卒業後は多くのミュージシャンとのセッションを通じてキューバの伝統音楽の理解を深めました。ブラック・ミュージック全般にも親しみ、ヒップのグルーブ感も大好きです。
VICG60439
----ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブとも関係があるんですよね。
 そうです。イブライム・フェレールのレコーディングやブエナ・ビスタのツアーに参加しました。ブエナ・ビスタは多くのことを学べる学校のようなものですよ。
----彼ら、オールド・タイマーから得たものは?
 伝統を深く理解しないと、新しいことに挑戦出来ないということです。ぼくは新しい音楽を吸収し、伝統曲への理解を深め、それに自分の持つ新しい感覚をフュージョンした音楽を作りたいんです。
----アルバム『ノー・リミット』について。
 今回のアルバムは、日本のJVCからのリリースということで、まずはキューバの伝統的なリズムを紹介したいと考えました。従って、前作までよりは伝統色が濃いアルバムになっています。でも、もちろん新しい試みも加えてますよ。例えば、2曲目の「シオマーラ」では打楽器が中心のルンバにピアノを入れています。
----「シオマーラ」は、パーカッションにボーカル、それにピアノという、一風変わった編成ですね。
 これは以前からやりたかったことで、たぶんぼくが初めてじゃないかな。5曲目の「コウォ・コウォ」では、アフロ・キューバンのバタ・ドラムとドラム・ループをミックスしてるし、6曲目の「デ・ケ・バーレ」ではボレーロをドラムンベースにしています。
----日本の印象はいかがですか?
 みんな親切ですね。9月1日に青山で開かれたクラブ・イベントにゲスト出演したんですが、深夜ライブでオール・スタンディングという条件だったからとても不安だったんだけど、結果的にみんなが楽しんで踊ってくれてとてもよかった。初めての来日で、こんなに歓迎してもらえると思いませんでした。
(おわり)

( 2001/09/05 )

沖縄・平安隆 meets アコギスト・吉川忠英
中川敬&山口洋(JAPONESIAN BALLS FOUNDATION)
ゴスペル・ブームの頂点に立つ亀渕友香
話題の新作を発表したソウル・フラワー・ユニオン
中川敬(Soul Flower Union)
上々颱風(紅龍、白崎映美)
新作『Actual Size』が大ヒット中のMR.BIG
注目のアイヌ・ミュージシャン、オキ
小沢昭一/童謡は日本の自然の宝庫
マダガスカルの「タリカ」
キューバ音楽の新星、ロベルト・フォンセーカ
ラテン・ミュージックに取り憑かれて--岡本郁生
スカパラの才能を引き出した男--本根誠(Cutting Edge/Avex)
大熊ワタル(シカラムータ)/21世紀版・大道ミュージック
大人が楽しめる音楽を…Aprilを結成した山本潤子
プリPuri(韓国の打楽器4人組)
新作『三味連りてぃ』を完成させた、よなは徹
ビヨークが語る『ヴェスパタイン』by デイビッド・トゥープ
キース・ゴードン(琉球アンダーグラウンド)
宮古島歌謡の第一人者、国吉源次
直感!で世界を撮ってます--板垣真理子(フォト・ジャーナリスト)
ハイチのトップ・パーカッショニスト、アゾール
市川捷護(『ジプシーのうたを求めて』プロデューサー)
ロベルト・フォンセーカ
キューバ音楽の新星、ロベルト・フォンセーカ
新世代のアフロ・キューバン『ロベルト・フォンセーカ/No Limit』
表紙へ戻る