新作『三味連りてぃ』を完成させた、よなは徹
blue inc.
 沖縄の若手シンガーの中で成長を期待されている「よなは徹」が新作『三味連りてぃ』(写真/ブルー・インク)を完成させた(2003年9月18日発売)。
 現在、琉球古典音楽と島唄の、その両方の世界で活動する若手というのは、案外と少ない。加えて新しいアプローチを模索するという姿勢も…、となると、現在26歳となるこの人物しかいないのかもしれない。しかし彼は、そう思われることが時に重荷だとも言う。(インタビュワー:藤田正)

「最近は島唄ポップスという言葉があって、ぼくからすれば三線を持ってうたっているだけのような若い人がいます。その人たちも面白いところはあるんですよ。こんなふうに三線を使うんだ!というような驚きがありますね。でも、やっぱり、島唄の基礎をキッチリと知ってからやってほしいというのが、ぼくの意見です。『ナークニー』って何ですかという人がいるくらいですから」
----ということは、よなは徹は、その中にいない、と。絶対に自分は違うという自信がある。
「そうですね。外から見れば、彼らと同じと思われているところもあるのかも知れませんが、そこははっきりとしておきたいです。実は、二十代の男性で、沖縄の民謡をベースにしてやっている(表舞台に立っている)人って二人しかいないんです。池田卓とぼくくらいじゃないかな」
----ということは、本島だと、徹さんだけ?
「そうなんです」
blue inc.
----そういえばパーシャ・クラブにしろ誰にしろ、みんな三十代以上。
「女性は多いんです。男性は少ない」
----だから、ますます期待度が高まってきた。特に最近はよく名前が挙がる。
「(その周囲からの期待に)プレッシャーを感じる時があります。重いです」

 この春(2003年)、彼はステージ・ネームを本名の「與那覇徹」から「よなは徹」と変えた。歌だけでなく笛、太鼓、三線と、きっちりこなしてしまう彼の存在は、近ごろますます注目されてきた。そして、それが一種の危険信号であることも、彼は気付いている。
----ある程度まで出来てしまう自分、あるいは周囲から期待もされてる自分を、壊したい、と思っているんじゃない? この新作『三味連りてぃ』に、そんなことを感じるけど。
「そうですね」
----かんなり(しゃかり)、上地正昭(パーシャ・クラブ)といった先輩・仲間たちと、新しいエイサーを作ろうとしている。エレキ・ギターがずいぶん鳴ってるし。
神谷千尋をプロデュースしたときはアコースティックだったから、自分のはエレキ・ギターを入れてみようと。このアルバムの根っ子にあるのは、ぼくが所属している 栄口えぐちエイサーなんです(北谷町栄口区青年会)。厳密に言えば、謝苅じゃーがる1区系のエイサーエイサーをやってる青年会は、みんな不良っぽい。そんな感じが出ている、というか。うちの親なんかが聴いたら、こんなことして! と言われそうですけどね」
----でも、国立劇場おきなわ柿落こけらおとしで古典音楽をやって、正統派の島唄もやれるという人なら、自分のアルバムでは、それと対極にあるようなことをやって批判を受けてもいいんじゃないかとも思うけど。
「じゃあ次は、こう(マイクに噛みつくマネ)、とか」
----それは、やめなさい。

amazon.com-『よなは徹/三味連りてぃ』

( 2003/09/12 )

沖縄・平安隆 meets アコギスト・吉川忠英
中川敬&山口洋(JAPONESIAN BALLS FOUNDATION)
ゴスペル・ブームの頂点に立つ亀渕友香
話題の新作を発表したソウル・フラワー・ユニオン
中川敬(Soul Flower Union)
上々颱風(紅龍、白崎映美)
新作『Actual Size』が大ヒット中のMR.BIG
注目のアイヌ・ミュージシャン、オキ
小沢昭一/童謡は日本の自然の宝庫
マダガスカルの「タリカ」
キューバ音楽の新星、ロベルト・フォンセーカ
ラテン・ミュージックに取り憑かれて--岡本郁生
スカパラの才能を引き出した男--本根誠(Cutting Edge/Avex)
大熊ワタル(シカラムータ)/21世紀版・大道ミュージック
大人が楽しめる音楽を…Aprilを結成した山本潤子
プリPuri(韓国の打楽器4人組)
新作『三味連りてぃ』を完成させた、よなは徹
ビヨークが語る『ヴェスパタイン』by デイビッド・トゥープ
キース・ゴードン(琉球アンダーグラウンド)
宮古島歌謡の第一人者、国吉源次
直感!で世界を撮ってます--板垣真理子(フォト・ジャーナリスト)
ハイチのトップ・パーカッショニスト、アゾール
市川捷護(『ジプシーのうたを求めて』プロデューサー)
よなは徹
おかげさまで大成功:第2回 コザ・てるりん祭
「海の日、サンゴの日」:6月5日、沖縄県庁記者会見
「SAVE THE CORAL 2008」の一環である、万国津梁館でのフェスティバル「海の日、サンゴの日」の概要が決まりました
モンゴル800(沖縄)
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
第3回コザ・てるりん祭、4月4日に開催:
「第2回 コザ・てるりん祭」の概要決まる
モンゴル800『百々』の隠しトラック
SAVE THE CORAL 2009:3月のイベントは好評のうちに終了
インタビュー:藤田正 「海の日、サンゴの日」総合プロデューサー
7月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
琉球フェスティバル'07
第1回 コザ・てるりん祭:豪華なメンバーで「命の祝い」を!
第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
6月6日は、コザへ集結!:第1回 コザ・てるりん祭
4月1日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
フォト・レポート「海の日、サンゴの日」by 森田寛
「サンゴ少年3人展」in「海の日、サンゴの日」
10月2日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
4月16日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
表紙へ戻る