3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「ディスク・ガイド」
三月十九日(水)

 昨晩、九時半過ぎに、九段の靖国神社からさほど遠くないリットー・ミュージックへ出かけた。担当編集者の服部さんから、『米国ラテン音楽ディスク・ガイド50's-80's/LATIN DANCE MANIA』が出来上がったとの連絡を受けたからだ。
 佐藤卓さんのアイデアになる表紙。そこには河村要助のイラストが踊っていて、中を開くと岡本郁生やらウィリー・ナガサキといった「マンボラマTokyo」のめんめん、そしてその仲間、知人たちの名前がズラリと並んでいるのだった。 
 表紙には、私と岡本の名前が並んでいるが、私はまるでたいしたことはやっていない。企画を立てて、自分の好きなアルバム〜アーティストのことを書かせてもらっただけで、あとは「Save The Coral 2008」のことばっかりやっていた。
 迷惑をかけてすまない、と思いながら、編集部のデスクで刷り上ったばかりのディスク・ガイドのページをめくっていたら泣けてきた。みんな音楽に熱い、バカな奴の原稿しかそこになかったからだ。地球の裏側の、日本人には縁もゆかりもない「ただのダンス音楽」にこれだけの愛をそそいでいる。ジャズやロックといった「出来上がった権威」に無批判に乗っかる気楽とは無縁の、その音楽に寄りそうことだけを至福とする人々。その感動的な(バカ野郎たちの)文章が並んでいたからだ。
 例えば、エクトル・ラボーの『フェリーペ・ピレーラを偲んで』(一九七九年)はどうだろう。ラボーは日本でもそれなりに知られる歌手だが、本作は、めちゃくちゃジミーなアルバム。だが書き手は次のように紹介する。
<密かに、この作品のラボーこそが最高だと思っている、心が絶えられないほどにね。
 72年に31歳の若さで逝った憧れの名ボレーロ歌手に捧げた、切なさ87%のアルバムだ。「苦界」「古い手紙」「ママの肖像」「罰」…これが題名。惨めで、つらくて、心は冬の枯れ葉のようだ。ぼくは弱い人間ですと、表現し切れてしまう歌手はきっと不幸だろう。ラボーこそがその人。歌手として絶後の存在でもなく、ダメな麻薬男だし…だがその負の個性を「華」に転じさせた奇跡。悲しみの絶唱。語り継がれる男の存在理由。そんなアルバムだ。>(八六ページ)
 こんなことを平気で書いている人がいる。失笑するほどに面白い。私は編集者だから、この文章が忘我の境地で書かれていることがわかる。思いがあふれすぎて、この人、アタマの線が切れたんだろうな…。
 サルサやラテン・ロックやブーガルーなんてこと一つも知らなくても、きっと楽しめる「愛のバカ本」、それがこのラテン・ディスク・ガイド。全編オール・カラーで珍盤&レア・アルバムが目白押しの我らの『LATIN DANCE MANIA』。
 担当の服部さん、そして書き手のみなさん、本当にお疲れさまでした。
 
リットー・ミュージック
amazon-『米国ラテン音楽ディスク・ガイド 50's-80's/LATIN DANCE MANIA』(3月28日発売)

( 2008/03/19 )

3月3日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「篠原有司男2」
2月2日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「りんぼー祭」
10月30日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「地図にない村」
10月12日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「2010年の琉フェス」
9月29日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ペルー大使館」
8月22日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「Dチラシ」
6月20日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「誠仁師 in 東京」
6月19日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ひとがら」
6月9日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「おへんろ」
6月3日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「タトゥー」
5月31日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「かたる」
5月20日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「かっちゃ」
5月11日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ふたなよしひ」
4月30日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「タトゥー・セラピー」
4月28日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ロベルト・杉浦」
4月21日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ブロック・パーティ」
4月17日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「第2回 コザ・てるりん祭 photo by 森田 寛 vol.7」
4月16日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「第2回 コザ・てるりん祭 photo by 森田 寛 vol.6」
4月15日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「第2回 コザ・てるりん祭 photo by 森田 寛 vol.5」
4月14日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「第2回 コザ・てるりん祭 photo by 森田 寛 vol.4」
4月13日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「第2回 コザ・てるりん祭 photo by 森田 寛 vol.3」
4月12日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「第2回 コザ・てるりん祭 photo by 森田 寛 vol.2」
4月11日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「第2回 コザ・てるりん祭 photo by 森田 寛 vol.1」
4月10日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「うちなーからじ」
4月2日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「モーリー」
4月1日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「2回目のてるりん」
3月19日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「遁ぎれ、結婚」
6月4日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「てるりんパン」
5月30日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「上原直彦」
5月25日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「クレイ」
3月30日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ゆきー」
3月28日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「マニー・オケンド」
3月23日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「よしもとパワー」
11月24日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「カムイ伝講義」
11月20日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「アレックス・コックス」
11月14日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「竹田の筑紫さん」
10月2日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「日比谷と半蔵門の」
9月1日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「知念大工・二〇〇八」
8月21日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「Wヤング」
8月16日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ウークイ」
8月14日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ウンケー」
8月8日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「大久保公園」
7月23日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「あんやんてぃんどう」
7月17日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「誠仁先生」
7月15日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「宮城島」
7月10日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「廻る命」
7月8日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「サカイトオル」
7月7日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「朝大さんの後輩たち」
7月6日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ダリの沖縄」
7月1日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「四味線の脅威」
6月1日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ひみつ会議だ」
3月31日〜4月3日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「園田青年団」
3月21日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「かぎやで風」
3月19日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ディスク・ガイド」
3月12日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「腱鞘炎」
2月25日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「30周年」
2月23日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「記者会見」
1月4日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「伽羅」
12月30日、12月31日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「真南蛮」 「えにし」
12月27日、12月28日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「マスク」 「せんゆう」
12月22日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「浅草寺」
12月20日、12月21日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「調子笛」 「ちむぐくる」
12月14日〜12月16日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「コザ、コザ!」
12月11日、12月12日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「ひさしぶり」 「鏡よカガミ」
12月6日〜12月9日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「五十回忌」「市民病院」「篠原有司男」「河合谷小」
12月4日、12月5日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「琉ぬ風」 「オモテの拍子」
12月1日、12月2日 ≪しょうちゃんの蛇に三線≫
 「孝行イモ」
『照屋林賢のだれでも弾ける簡単沖縄三線入門』
マンボラマTokyo
PHOTO LIVE:カルロス菅野/play Cal Tjader!
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄(Flyer)
3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
マンボラマNo.5:ビバ・ラテン・ロック!with アルベルト城間
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
マンボラマNo.4 ニューヨーク・ラテンのデザイン(佐藤卓氏を迎えて)
2月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
ラリー・ハーロウ、13名のフルオーケストラでバリバリのサルサ
金沢名物「ジャングル・ナイト」にマンボラマTokyoが特別参加
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
電子書籍:岡本郁生著『もう一つのアメリカン・ミュージック』が完成!
レオン・イチャソ監督に注目!…『エル・カンタンテ』『クロスオーバー・ドリーム』
メキシコ学勉強会:メキシコ音楽とテキーラの探求
NEWS from マンボラマTokyo:J.Loの新譜情報ほか
ウィリー・ナガサキ 5月の東京Live決定
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
百人町音樂夜噺vol.18:岡本郁生vs藤田正
「マンボラマToyko」推薦CD:『シエンブラ』ライナーpt.2
好評のうちにイベント終了:NEW LATIN 宣言「マンボラマ No.1」
NEW LATIN 宣言「マンボラマ No.1」、9月15日に開催
フアネス in Tokyo:けっこういいコンサートでしたよ
写真で見る:ファニア・レコードのスターたち(60's〜80's)
満員御礼!:佐藤卓氏を迎えた「マンボラマNo.4」、無事終了
ニューヨーク・ラテンの幻の名盤が初CD化
ふざけたライナー書くなよ:ヘクター・ラヴォーって誰のことだ?
マンボラマTokyo通信:フアネス来日/『エル・カンタンテ』
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄6
「マンボラマToyko」推薦CD@Universal Music
ついに完成です!:『米国ラテン音楽ディスク・ガイド50's-80's/LATIN DANCE MANIA』
表紙へ戻る