「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
Fania/V2
 ついにファニア・レコードの再発シリーズがスタートする。
 1月の「マンボラマ No.3」は、最初の発売日にあわせてファニア〜ニューヨーク・ラテンに関するトーク・イベントと、不朽の名作フィルム『アワ・ラテン・シング』をひさしぶりに上映する。60年代のブーガルーから説き起こす、ニューヨーク・ストリート・ミュージックの秘蔵話もたっぷり。
「マンボラマ No.3」
2007年1月24日(水)18:30開場、19:00開演
会場:下北沢ラ・カーニャ tel. 03-3410-0505
(世田谷区北沢2-1-9 第二熊崎ビルB-1) 
入場料:2000円(1ドリンク付)
出演:河村要助、ウィリー・ナガサキ、岡本郁生、藤田正ほか
映画:"Our Latin Thing"(ファニア・オールスターズ、ウィリー・コローン、エクトル・ラボー、ジョニー・パチェーコほか)
主催:マンボラマTokyo


下北沢ラ・カーニャ:http://www1.ttcn.ne.jp/~LaCana/

amazon-岡本郁生監修CD『FANIA〜BEST of New York』マンボラマTokyo推薦/2007年1月24日発売)

( 2007/01/08 )

好評発売中! 『ブルースの百年』 by 藤田正&中村政利
2015年2月6日 発売! 「ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド」
ウィリー・ナガサキ CD『MIDNIGHT RUMBA』発売記念スペシャル・ライブ!
第4回「コザ・てるりん祭」の内容、決定!
スペシャル・ラテン・ナイト! ウィリー・ナガサキ&コンボ・インぺリアル
ウィリー・ナガサキ 5月の東京Live決定
ウィリー・ナガサキ「サンタナ・ナイト」in 博多
ウィリー・ナガサキ&コンボ・インペリアル:vol.4 は4月18日
第3回コザ・てるりん祭、4月4日に開催:
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
マンボラマTokyo
PHOTO LIVE:カルロス菅野/play Cal Tjader!
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄(Flyer)
3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
マンボラマNo.5:ビバ・ラテン・ロック!with アルベルト城間
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
マンボラマNo.4 ニューヨーク・ラテンのデザイン(佐藤卓氏を迎えて)
2月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
ラリー・ハーロウ、13名のフルオーケストラでバリバリのサルサ
金沢名物「ジャングル・ナイト」にマンボラマTokyoが特別参加
ファニア
「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
ラリー・ハーロウ、13名のフルオーケストラでバリバリのサルサ
エル・ブラヴォ!/モンゴ・サンタマリア
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
1967年のレイ・バレット、『ラティーノ・コン・ソウル』
「マンボラマToyko」推薦CD:『シエンブラ』ライナーpt.2
ビバ・リベラ!/エクトル・リベラ 
レオン・イチャソ監督に注目!…『エル・カンタンテ』『クロスオーバー・ドリーム』
Soul Live in Africa:幻のフィルムが映画『ソウル・パワー』として公開
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
表紙へ戻る