満員御礼!:佐藤卓氏を迎えた「マンボラマNo.4」、無事終了
 マンボラマTokyoが主催するイベント「マンボラマNo.4」が、3月3日、下北沢のバードカフェで開かれた。
 ゲストはグラフィック・デザイナーとして大活躍の佐藤卓さん。卓さんは、一時、プロのミュージシャンを目指したこともある大の音楽好き。ラテンも一時、河村要助(イラストレーター、マンボラマTokyo総裁)とサルサ・バンドを組んでいたぐらいだ。
 今回は、二人に「ニューヨーク・ラテンのデザイン」というテーマで2時間以上も、語ってもらった。
 対談としては、河村総裁が持ち込んだ、30枚ほどの今となってはかなり珍しいアルバムを一枚一枚紹介するというスタイルだったが、簡単な自己紹介が終わったあと、さて本格的に…というところで、河村総裁がボソッと「(ラテンのアルバム・ジャケットなどから自分は)得るものはなかった」と問題発言、会場は爆笑に包まれた。
 マンボ時代のマチート楽団、ティト・プエンテ楽団から、ブーガルー、そしてサルサへと時代は進んでいったが、ジャケットの印刷のヨゴレから、色校正、文字の書体、デザイン・バランス、果ては(?)写真に写る女の子のヒップの具合といった細かな指摘が次々に飛び出し(それもユーモアたっぷりに)、この二人ならではの世界が繰り広げられた。
 サルサほかニューヨーク・ラテンのことはほとんど知らない人も多く来場されたようだったが、「こんな面白い世界がある(そしてそれを独自のセンスで楽しんでいる人がいる)」ことがわかって、とても楽しそうだった。
 トークが終わって、最後にマンボラマTokyoのウィリー・ナガサキが登場、そしてライブ。佐藤卓さんとのミニ・セッションも二人の呼吸がぴったりで会場から大きな拍手がわき起こった一夜だった。
(文・藤田正)
*次回のマンボラマTokyoのイベントは、追ってこのBeats21で発表します。

佐藤卓氏(左)と河村要助総裁
 
 
ウイリー・ナガサキ(左)と佐藤氏
 
 
イラストレーションby河村要助
 
 

( 2007/03/06 )

テックス・メックスの巨星、スティーブ・ジョーダンさん、逝く
本日の「第2回 コザ・てるりん祭」、雨天でも決行!
ママ・アフリカ、ミリアム・マケバさんが亡くなる
アイザック・ヘイズさん、65歳で亡くなる
炎天下の「海の日、サンゴの日」、無事終了!
「第2回船浮音祭り」は各地から400名を集めて大成功
不朽の名ベーシスト、カチャーオ・ロペスさんが亡くなる
「奄美の応援団」が発足:NHK紅白歌合戦に奄美の歌を出そう
今、全米で一番に知られているシンガーって誰よ…Kristen or Ashley Alexandra Dupre
live「島唄情け唄〜知名定男・大城美佐子 二人唄会」
マンボラマTokyo
PHOTO LIVE:カルロス菅野/play Cal Tjader!
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄(Flyer)
3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
マンボラマNo.5:ビバ・ラテン・ロック!with アルベルト城間
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
マンボラマNo.4 ニューヨーク・ラテンのデザイン(佐藤卓氏を迎えて)
2月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
ラリー・ハーロウ、13名のフルオーケストラでバリバリのサルサ
金沢名物「ジャングル・ナイト」にマンボラマTokyoが特別参加
表紙へ戻る