震災10年---長田神社で「つづら折りの宴」
Beats21
 2005年1月16日の日曜日、阪神淡路の大震災で深刻な被害を受けた地域の一つ、神戸市長田区の長田神社で「つづら折りの宴 in KOBE NAGATA」が開かれた。
 長田神社での「つづら折り」は9年前(1996年1月21日)にも行なわれ1万数千人の観客が集まったという。今回はそこまでの規模ではなかったものの、震災からの10年を印すイベントとして若い人からお年寄りまで、たくさんの人たちが詰めかけた(写真)。
 快晴の空の下、犠牲者の鎮魂歌と地域の未来のためライブを聞かせたのは、ソウル・フラワー・モノノケ・サミット、山口洋、小嶋さちほ、ちんどん通信社、森俊光ほか。午前11時から夕方の6時まで、入れ替わり立ち代り、実に多様な芸能、音楽が披露された。ちなみに、ちんどん通信社はNHKのテレビ・ドラマにもなった新世代のチンドン・バンド、森俊光は奄美歌謡のベテラン、パクウォンとゆかいな仲間たちはサムルノリ、小嶋さちほは沖縄からやってきて、アイルランドの大御所ドーナル・ラニーと共演した。もちろんみんな手弁当である。
 トリを取るのは「つづら折りの宴」の中心的バンド、モノノケ・サミットだ。「聞け万国の労働者」「アリラン」(長田で一番にリクエストが多い歌だそう)、「満月の夕」「復興節」「さよなら港」と、たった5曲は残念だったが、ここ長田をきっかけに結成されたバンドだけに、観衆と一体になったプレイには相当の迫力があった。
 震災から10年が経過し、表通りは小奇麗に「整理」された神戸だが、罹災者の身心の回復を含めまだまだ復興には遠い。こういった催しは、主催者、関係者だけでなく地域の理解がなくては成り立たないが、問題の再確認のために、あるいは「仲間たち」の存在を楽しく確認するという意味でも大切なことのはずである。
「つづら折りの宴」の金田真須美、伊丹英子(モノノケ・サミット)ほか、みなさん、お疲れさまでした。
(藤田正)   

amazon.co.jp-ソウル・フラワー・モノノケ・サミット 『レヴェラーズ・チンドン』
amazon.co.jp-同『アジール・チンドン』
 

( 2005/01/19 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
仲村奈月(沖縄)
ソウル・フラワー・ユニオン(日本)
話題の新作を発表したソウル・フラワー・ユニオン
ソウル・フラワー・モノノケ・サミット
あまりに高度な音楽性に圧倒される:初来日のモザイク
二つの「竹田の子守唄」とメッセージ・ソング(1)
震災10年〜神戸長田神社で魂鎮めのお祭り!
5000人の日比谷野音でモノノケ・サミットが熱演
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
大成功に終わったモノノケ@「ふしみ人権の集い」
ようやく「竹田の子守唄」が、今
決定しましたよ:上々颱風が「ふしみ人権の集い」に登場
東京プレイベント「わったーしまは わったーがまもる」
「北朝鮮でも、あまたの唄が自由をめざしている」
アイルランド音楽のスーパー・グループ、MOZAIKが来日
「いま、音楽人に何ができるのか」
辺野古での反基地フェスティバル:週刊金曜日でレポートします
震災10年---長田神社で「つづら折りの宴」
2月8日、「竹田の子守唄」の故郷にソウル・フラワー・MSが登場
魂は踊る---名作『デラシネ・チンドン/ソウル・フラワー・モノノケ・サミット』に寄せて(プロデューサーズ・ノート)
表紙へ戻る