ナビィの恋・ナイマン・登川誠仁
BMGビクター
<1998年11月>
 この十月から十一月にかけて 粟国島あぐにじまに滞在していた。粟国は沖縄本島の西に位置する、未だ観光化されない小さな島である。
 沖縄はこれまで仕事で何度も訪れているが、今回は映画のテーマ・ソングを作成するためである。世界的な音楽家、マイケル・ナイマンをイギリスから映画のロケ地である粟国島へ呼び、イメージを現地でつかんでもらい本島の沖縄市で録音を取る。これがぼくのプロデューサーとしての仕事だった。映画は『ナビィの恋』(中江裕司監督、九九年六月公開予定/注・実際は同年末に沖縄で公開)という。
 御存知ない方にナイマンのことを少し紹介しておこう。マイケル・ナイマンは一九四四年、ロンドンに生まれている。王立音楽アカデミーなどで学んだあと、現代音楽を中心に様々な活動をしてきた人物である。そんな彼を一躍有名にしたのが、ピーター・グリーナウェイ監督の諸作、そして日本でも大ヒットした『ピアノ・レッスン』(ジェーン・カンピオン監督)の映画音楽だった。
 ナイマンがぼくにとって特に関心を惹くのは、アラブ音楽ほかの非西洋音楽に強い関心を示していることで、以前沖縄にも一人でやって来たことがある。だから彼の作風には、全体像はクラシック系には間違いないものの、どこか知らず異なった匂いを漂わせて見せるのである。
 こんなナイマンが、ひなびた離島へどんなふうに現れるのか、ぼくは興味しんしんだった。だがナイマン、さすがにシゴトは早かった。テーマ・ソングは、『ナビィの恋』にも出演している登川 誠仁(琉球民謡協会名誉会長)との共演曲にする予定でいたのだが、粟国島での出会いの当日、登川が「これが自分が考える、映画のイメージです」と沖縄民謡の難曲「下 千 鳥」を彼の前で歌い、それを聞き終えたとたん、ナイマンが言った。
「私も曲ができました」
 そして、演技を終えた登川誠仁の帰りを沖縄市で待ち、録音を終えたのがその翌々日であった。自分で言うのも何だが、登川・ナイマンの共演曲は、素晴らしい仕上がりになったと思う(注・完成後、曲名は「LAFUTI」に)。
 マイケル・ナイマンというミュージシャンをさすがだな思ったのは、実は仕事の早さではない。カネも名誉もたっぷりある人物が、着のみ着のままで地球の反対側までやってくる。そして、暑い暑いと言いながら(彼は冬服だった)、彼にとって普段では考えられないような地方の一般スタジオで録音を済ませるのである。
 彼の弁によれば、「自分にないものを求めなければ、音楽家としておしまいなんですよ。録音環境なんてどうにでもなる。そんなことよりも、ある音楽の最高峰と出会い、その人の息吹を貰うことがどれほど貴重なものであるか。だからこの録音は、絶対に沖縄の空気の中でやらなくてはならなかったのです。自分一人では作れない、他の音楽に対する尊敬ですよ」
 この曲が世に出るのは来年になるが、その前に、ナイマンの代表的作品を二つほど御伝えしておこう。
『ピアノ・レッスン オリジナル・サウンドトラック』(ヴァージン VJCP25076)は、映像と音楽が見事に溶け合った作品としても知られるが、そのサントラ盤である。「ミニマル・ミュージック」という繰り返しの手法を得意とする彼の感傷的なタッチが全面的に開花している。
『ライヴ・ベスト』(ヴァージン VJCP25142)は、代表曲を集めた実況もの。『英国式庭園殺人事件』や『ピアノ・レッスン』のサントラ曲も、もちろん収録。中盤にはモロッコのオーケストラを指揮したエキゾチックな組曲が入っている。こういうチャレンジがいかにもマイケル・ナイマンらしくて面白い。

≪Beats21 Online Book≫ 電子書籍 【立ち読みできます】
『セックス・マシーンで踊りたかった 東京音楽通信1』藤田正著
amazon.com-DVD『ナビィの恋』
amazon.com-DVD『ピアノ・レッスン』
 

( 2003/02/18 )

第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
音楽評論家・中村とうよう氏の投身自殺に寄せて:
博多でゴリゴリ、圧倒的なサンタナ・ナイト
「第3回 コザ・てるりん祭」 photo by 森田寛
世界から東博へ、役者が勢ぞろい。「写楽」展がはじまる
藤岡靖洋 著『コルトレーン ジャズの殉教者』を読む
東京セレナーデ Live at 赤坂GRAFFITI
祝・満員御礼:10.25「ディアマンテス結成20周年記念」
Introducing...エリック福崎を紹介する
お報せ:「ディアマンテス結成20周年記念ライブ」は定員に達しました
書評:長部日出雄著『「君が代」肯定論〜世界に誇れる日本美ベストテン』
書評:西原理恵子、月乃光司著『西原理恵子×月乃光司のおサケについてのまじめな話』
誕生釈迦仏がセイ・ハロー:「東大寺大仏 天平の至宝」展、始まる
イサム・ノグチの母を描いた力作『レオニー』、11月に公開
アルコール依存症の実状を正面から描いた『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』
ジャズ界のトップたちを率いて:大西順子『Baroque』Live
映画『瞳の奥の秘密』:現代アルゼンチンでいまも燃える「汚い戦争」の怨念
十代のジョン・レノンを描く:『ノーウェアボーイ』、11月5日から公開
きちじょうじのなつやすみ:河村要助の世界<その2>
上々颱風LIVE「デビュー20周年記念!スペシャル」を観て
新発売 電子書籍『セックス・マシーンで踊りたかった 東京音楽通信1』藤田正著
登川誠仁
仲村奈月(沖縄)
中川敬&山口洋(JAPONESIAN BALLS FOUNDATION)
沖縄・平安隆 meets アコギスト・吉川忠英
「琉球フェスティバル '06」
中川敬(Soul Flower Union)
おかげさまで大成功:第2回 コザ・てるりん祭
第4回「コザ・てるりん祭」を終えて 文・藤田正
6月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「海の日、サンゴの日」:6月5日、沖縄県庁記者会見
第1回 コザ・てるりん祭:豪華なメンバーで「命の祝い」を!
知名定男(沖縄)
沖縄特集I ウチナー音楽2000〜2001
第3回コザ・てるりん祭、4月4日に開催:
「第2回 コザ・てるりん祭」の概要決まる
7月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
インタビュー:藤田正 「海の日、サンゴの日」総合プロデューサー
「SAVE THE CORAL 2008」の一環である、万国津梁館でのフェスティバル「海の日、サンゴの日」の概要が決まりました
6月6日は、コザへ集結!:第1回 コザ・てるりん祭
12月11日、12月12日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
2月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
表紙へ戻る