マンボラマTokyo推薦CD:ティト・ロドリーゲス/ライブ・アット・バードランド
Bomba rec.
 マンボ時代のニューヨーク・ラテン3大バンマスといえば、ティト・プエンテ、ティト・ロドリーゲス、マチートだ。3人とも甲乙つけがたい素晴らしい経歴の持ち主だが、歌手&バンド・リーダー、そして「色男部門」をここにつけ加わえるとなるとティト・ロドリーゲスに決定となる。
『アット・バードランド』は、甘いボーカルで一世を風靡したTR氏ではなく、ラテン・ジャズ・オーケストラの親分としての統率力の高さを示す実況盤。ズート・シムズ(ts)、クラーク・テリー(tp)、ボブ・ブルックマイヤー(tb)ら第一線のジャズマンを招いて、最初からラストまで一気に飛ばしまくる。選曲は「マック・ザ・ナイフ」「サマータイム」「A列車で行こう」ほか、すべてはジャズの定番だが、すべてが生粋のニューヨーク・ラテンにアレンジし直されている。2曲目「サマータイム」に、泣いてください。
 スーツ姿も洒落た名ダンサーでもあった、ティト・ロドリーゲスを目の前に、こういうハード・ドライビングなラテンが、「かつては」あった。1961年4月10日のニューヨーク!
(藤田正/マンボラマTokyo)

amazon-『ライヴ・アット・バードランド(初回限定盤)(紙ジャケット仕様)/ティト・ロドリゲス』
 
 

( 2006/09/25 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
マンボラマTokyo
PHOTO LIVE:カルロス菅野/play Cal Tjader!
マンボラマTokyo presents:新宿ラテン地獄(Flyer)
3月19日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
「マンボラマ No.3」はファニア・レコード・スペシャル@下北沢
マンボラマNo.5:ビバ・ラテン・ロック!with アルベルト城間
河村要助らによる「マンボラマTokyo」が正式に発足
マンボラマNo.4 ニューヨーク・ラテンのデザイン(佐藤卓氏を迎えて)
2月23日 しょうちゃんの蛇に三線/藤田正
ラリー・ハーロウ、13名のフルオーケストラでバリバリのサルサ
金沢名物「ジャングル・ナイト」にマンボラマTokyoが特別参加
ティト・ロドリーゲス
不朽の名ベーシスト、カチャーオ・ロペスさんが亡くなる
マンボ・ムーチョ・マンボ〜コンプリート・コロムビア・マスターズ/マチート&ヒズ・アフロ・キューバン・オーケストラ
1967年のレイ・バレット、『ラティーノ・コン・ソウル』
2通の訃報:マックス・ローチとマリオ・リベーラ
ティト・ロドリゲス(ラテン)
Beats21だけの全曲解説『モア・ザン・マンボ/ジ・イントロダクション・トゥ・アフロ・キューバン・ジャズ』
キューバ音楽とジャズをつないだチャノ・ポソの集大成『El Tambor De Cuba』
マンボラマTokyo推薦CD:ティト・ロドリーゲス/ライブ・アット・バードランド
10年ぶりの再会:ニューヨーク・ラテン&ジャズの奇才、ジェリー・ゴンサーレス
表紙へ戻る