最終情報です:ハイチ地震復興支援コンサート・ツアー
 2010年1月12日、ハイチ共和国で起こったマグニチュード7.0の地震。
 報道などでご存じのとおり、地震規模の大きさやハイチの政情不安定に起因する社会基盤の脆弱さが相まって22万人以上の人が亡くなり、総人口の約1/3にあたる300万人が被災したと推計されています。
 単一の地震災害としては近年空前の大規模なものであり、西半球の最貧国であるハイチにとって、想像を絶する厳しい状況となっています。
 
ハイチ国旗
 
 私たちは1997年より、ハイチから音楽家や画家を招き、経済的には貧しい国ではありながら豊かな文化を持った民衆がいることを日本に紹介してきた「ハイチ文化交流の会」と申します。
 2001年よりNPO法人e&g研究所を創設し、ハイチにゴミ収集車を送ったり、ハリケーン・ジーン緊急救援事業を実施(AMDAと共同)してきました。
 地震直後、ハイチの友人知人たち誰とも連絡が取れず心配していたところ、ようやく連絡が取れた元駐日ハイチ大使マルセル・デュレ氏から、「ハイチの至宝ともいうべき音楽家アゾールと、長年ハイチ音楽をリードしてきたブロー・バクールが幸運にも無事であること、そのふたりが急遽来日し、コンサートツアーを行い、自身で日本の人々に救済を訴えたいと願っているので、ツアー企画を引き受けて欲しい」との要請が入ったことがきっかけで、この度「ハイチ地震復興支援コンサートツアー」企画を立ち上げました。
 コンサートツアー収益金は全額ハイチ救済のために使わせていただきます。また各会場でも募金箱を設置し、救援募金も募ってまいります 。
 集まった募金は地震直後よりハイチで医療活動を行っている 「AMDA」の義肢支援及び、やはり地震直後よりハイチに行きガレキ撤去工具、家族用テントの配布をし、現在は校舎が崩壊した学校再開事業を行っている「ピースウインズ・ジャパン」に寄付します。
 
 
  出 演 者: アゾール(ヴォーカル&コンガ)
        ブロー・バルクール(ヴォーカル&ギター)
        マルセル・デュレ元駐日ハイチ大使(ハイチの現状報告)

   <ツアー・スケジュール>

2010/5/14(金) 山口県山口市徳證寺
        (山口市黒川138 フジグラン山口そば)
        開場18:30、開演19:00
        前売3000円、当日3500円
        (学生 \1500/\1800、小学生以下無料)
        問い合わせ:Organ's Melody TEL:083-923-8383

   5/15(土) 岡山美星・井原市美星町 中世夢が原武士の屋敷前
        広場(雨天の場合、神楽民族伝承館)
        開場18:30、開演19:00
        前売2500円、当日3000円
        当日晴天の場合のみ、小中高、外国人留学生1000円
        前売り予約:先着150名限定(万が一の雨を想定して、
        後は当日券)
        問い合わせ:中世夢が原 TEL:0866-87-3914、
        ハイチ文化交流の会 TEL:084-925-5004
 
   5/16(日) 福山バラ祭り・参加予定
 
   5/17(月) 福山リーデンローズ小ホール
        開場18:00、開演18:30
        前売2500円、当日3000円
        問い合わせ:ハイチ文化交流の会 TEL:084-925-5004
 
   5/18(火) 高知・県立美術館ホール
        開場18:00、開演18:30
        料金3000円
        問い合わせ:ハイチ地震復興支援コンサート実行委員会
        TEL:088-864-5222

   5/19(水) 神戸・ラフレア(TEL:078-333-0808)
        開場19:00、開演20:00
        前売3000円、当日3500円(ドリンク代別)
        ゲスト:ウィリー・ナガサキ
        問い合わせTEL:078-361-2201
 
   5/21(金) 名古屋・得三
        開場18:00、開演19:00
        前売3000円、当日3500円
        (ハイチ近況のスライド報告〜熊谷雄一氏、名古屋
        のパーカッション陣との合同演奏あり)
        問い合わせTEL:052-733-3709
 
   5/22(土) 横浜・サムズアップ
        開場18:30、開演19:30
        料金2000円
        ゲスト:辻コースケ/奈良大介
        問い合わせTEL:045-314-8705
 
   5/23(日) 東京・千駄ヶ谷・ラミュゼdeけやき
        (東京ハイチ・チャリティー・イベント参加)
        開場13:30、 開演14:00
        料金2000円
        問い合せ:lamusee01@gmail.com
 
   5/24(月) 東京・南青山・月見ル君想フ
        開場18:00、 開演19:00
        前売4000円、当日4500円(ドリンク代別)
        ゲスト:梅津和時、寺岡呼人、越路姉妹
        問い合せTEL:03-5474-8115

<メンバーの略歴>
アゾール/Beats21.com
 AZOR (アゾール):
 1965年6月19日、ハイチの首都ポルト・オー・プリンスのブードゥの神殿に生まれる。父がバンジョー弾き、母がコンガ奏者という音楽一家に育つ。
 8歳からプロとして活動を始め、「シューパルー・コンボ」、アルチュール・ドリバルの「ティカオール」「SS1」のパーカッションを担当。
 自己のバンドを15歳から始め、舞踏団のコンガ奏者としてもヨーロッパ、中南米等をツアー。天才的コンガ奏者として、また歌手としてもハイチの国民的歌手と言われるようになる。1998年、肝炎の為闘病生活を送った時には、ハイチのテレビ、ラジオがすべての番組でアゾール応援の放送をおこなったほど、ハイチ国民に愛されている。
 現在までに7枚のアルバムを発表、2000年には国連と厚生省の企画でエイズ撲滅チャリティ・コンサートをハイチ各地で行う。
 同年ハイチ音楽界で最も活躍したとして、ミュージシャン・オブ・ジ・イヤーを受賞。
 2002年アゾールを中心にハイチと日本で撮影した映画『ハイチ・カリブの鼓動』が制作された。
 2002年外務省が企画したカリブ・フェスタにハイチ代表として参加。
 2003年ニューヨーク・カーネギー・ホールで行われた「ハイチの神々」のメイン・アクトとして今回共に来日するブロー・バルクールと出演、絶賛される。
 1997年初来日、1999年、2000年、2001年、2003年と来日し、各地のコンサートで絶賛される。

Boulo Valcourt(ブロー・バルクール):
 1971年「イボ・コンボ」のヴォーカル&ギタリストとしてデビュー。1975年までにアルバム3枚をリリース。1977年より「カリビアン・セクステット」としてアルバム7枚をリリース、ハイチを代表する歌手・作曲家となる。
 1999年、2000年、2001年とキューバのミュージシャンと共に「HAITIANDO」(機↓供↓)を発表、カリブ海で大ヒットする。
 2003年ニューヨーク・カーネギー・ホールで行われた「ハイチの神々」のメイン・アクトとして今回共に来日するアゾールと出演、絶賛される。
 日本には1997年、東京国際フォーラムのオープニングに招かれ初来日。1998年、2002年、2003年と来日、そのあたたかい歌声が絶賛される。
 
(文:NPO法人e&g研究所内ハイチ文化交流の会 代表・手島裕)
 
総合問合せ:ハイチ文化交流の会
広島県福山市元町7-6マエダ酒店2F
TEL&FAX:084-925-5004

( 2010/04/09 )

好評発売中! 『ブルースの百年』 by 藤田正&中村政利
2015年2月6日 発売! 「ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド」
ウィリー・ナガサキ CD『MIDNIGHT RUMBA』発売記念スペシャル・ライブ!
第4回「コザ・てるりん祭」の内容、決定!
スペシャル・ラテン・ナイト! ウィリー・ナガサキ&コンボ・インぺリアル
ウィリー・ナガサキ 5月の東京Live決定
ウィリー・ナガサキ「サンタナ・ナイト」in 博多
ウィリー・ナガサキ&コンボ・インペリアル:vol.4 は4月18日
第3回コザ・てるりん祭、4月4日に開催:
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
ハイチ
注目ライブ情報/新生・上々颱風、ADJABEL from Paris
傑作登場! リトル・ルイ・ベガの初ソロ『Elements Of Life』
サザンによるサザンの初カバー『関口和之/World Hits!? Of Southern All Stars』
Beats21だけの全曲解説『モア・ザン・マンボ/ジ・イントロダクション・トゥ・アフロ・キューバン・ジャズ』
MBS「はやみみラジオ」から:「クリスマス・ソング・スペシャル 1〜6」
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
小さなフリー・イベントでしたが…:Bring The Hope Project
「ハイチ地震復興支援コンサート・ツアー」開催
ハイチのトップ・パーカッショニスト、アゾール
「ハイチ・ヴードゥ・ミュージックの神髄2001」
表紙へ戻る