浪速の巨人、趙博がユニークな朝鮮半島の歌謡集を発売
ON! FACTORY
 大阪を拠点に全国を駆け回るシンガー、趙博(ちょうばく)の新作が発表された。
 ライブ2枚組だった前作とは異なり、今回は『趙博民謡集機嶌─弉僚検戮搬蠅靴董▲▲螢薀鵑筺嵬擶此覆發辰檗砲領沺廚覆鼻韓国朝鮮人にとってルーツ的な歌を取り上げた。
 ただ名作をお上品に歌うのではなく、下層からの声、圧制からの声という、彼ならではの視線を活かした独特の味わいだ。
 収録されているのは「門付けの数え歌」「さすらい人の悲しみ」「恨五百年」「涙に濡れる豆満江」ほか14曲(全曲韓国語)だが、浪曲から沖縄の島唄、はたまたマルコムXの演説と幅広いレパートリーを持つ彼だけに、「自分史」が見えるような歌い方だ。
 大阪下町の飲み屋から何気なく聞こえてきた、オヤジの歌声、という感じがどこかにあるのが、たまらなく気分だ。
 2500円(税込み)。申し込みは下記のサイトへ。

趙博オフィシャル・サイト http://www.fanto.org/

( 2004/09/04 )

Otis Redding & His Orchestra"Live On The Sunset Strip"
20年の軌跡を綴る新録2枚組ベスト『HISTORIA / DIAMANTES』
Singin' from Yaeyama:彩風の新作『彩花』
あんたら/ほんまに/頑張ってください 『LAUGH IT OUT』RIZE with 隼人
テイチクからリリースされた沖縄音楽の好企画
琉神マブヤーから、ついにおにぎりパパになったアルベルト
DVD『嘉手苅林昌追善公演 白雲ぬ如に…』
サンボマスター『きみのためにつよくなりたい』:400メートル爆走気味に表現する「若さ」
カントリー・ボーイの今を歌う:池田卓『風月花日鳥曜日』
ついに出ましたよ、上原知子の島唄集『多幸山』
岡林信康の復刻スタート:『わたしを断罪せよ』
古謝美佐子8年ぶりの新作『廻る命』
マンボラマTokyo推薦:名作登場!フアン・ルイス・グエラの新作『Llave de Mi Corazon』
反ブッシュでグラミー受賞のカントリー3人組:『テイキング・ザ・ロング・ウェイ/ディキシー・チックス』
「マンボラマToyko」推薦CD:R.バレット、ブーガルー期の代表作『アシッド』
明るいエイズ・ソング「ディマクコンダ」by山田耕平
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョニー・パチェーコ『ア・マン・アンド・ヒズ・ミュージック エル・マエストロ』
「マンボラマToyko」推薦CD:ジョー・バターンのアルバムが続々
マンボラマTokyo推薦CD:エディ・パルミエリ/アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ
10年ぶりの名録音:大城美佐子/唄ウムイ
趙博
「日韓併合」100年の年に:趙博の新作CD『百年目のヤクソク』完成
浪速の過激派、趙博がヘリ墜落の宜野湾で「マルコムX」
浪速の巨人、趙博がユニークな朝鮮半島の歌謡集を発売
在日シンガー、趙博の傑作CD2枚組『彼処此処』
難波のパギやん、年末もlive liveでがんばってます
日本のストリート系ってラップだけ?:趙博と寿[kotobuki]が単行本発売
特電「サマワ情報」(浪速の巨人・趙博さんから)
2007年上半期、最高の替え歌が登場:「そして安倍」
シカラムータのワンマン・ライブ「春の花咲き乱れNIGHT2007」
表紙へ戻る