幻のマルタカ・レコード、ついに復刻なる
Rinsuke Teruya
 戦後の沖縄音楽を語る上で欠かすことのできない、幻の重要レーベル「マルタカ(丸高)」が、ついに復刻されることになった。
 神谷千尋などをかかえるブルー・インクから、2004年2月に発売されることが決定したのは『登川誠仁 His Early Years』『ベスト・オブ・マルタカ』の2枚(共に仮題)。
 登川の貴重なデビュー録音や、戦後の沖縄音楽を支えた最重要アーティストの傑作がずらりとならんでいる。
 マルタカは、1950年代後半から60年代前半にかけて、現在の沖縄音楽の出発点をなしたアーティストの歴史的な名作を録音したことで知られる。しかし、その大半はCD化もされず、長く幻のレーベルとされてきた。
 収録されているのは、登川誠仁のアルバムでは、超絶技巧の傑作「アッチャメー小」や、「島尻口説」「御物奉行」などの重要作品が。『ベスト・オブ・マルタカ』では、沖縄ポップの原点「年中行事口説」(照屋林助)をはじめ、糸数カメ前川朝昭、船越キヨ、フォーシスターズらの名唱が並ぶ。企画監修は、Beats21の藤田正。
 写真は、初期マルタカの主要アーティスト。左から山内昌徳、照屋林山、糸数カメ前川朝昭照屋林助、船越キヨ。
 続報は近日、本誌Beats21で。

( 2003/12/13 )

好評発売中! 『ブルースの百年』 by 藤田正&中村政利
2015年2月6日 発売! 「ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド」
ウィリー・ナガサキ CD『MIDNIGHT RUMBA』発売記念スペシャル・ライブ!
第4回「コザ・てるりん祭」の内容、決定!
スペシャル・ラテン・ナイト! ウィリー・ナガサキ&コンボ・インぺリアル
ウィリー・ナガサキ 5月の東京Live決定
ウィリー・ナガサキ「サンタナ・ナイト」in 博多
ウィリー・ナガサキ&コンボ・インペリアル:vol.4 は4月18日
第3回コザ・てるりん祭、4月4日に開催:
アルベルト城間と河村要助の世界:「”ラテン”で繋がるぼくらの友情」展
マルタカ
幻のレーベル「マルタカ」 by 藤田正
写真で見る沖縄ガール・グループス:マルタカの歴史的音源復活
猛暑に最適のヤワヤワ・リラックスCD『琉球マブヤーサウンド』
藤田正の連続講座「沖縄音楽とは何か」(2)
沖縄の超レア歌謡を収録した『島唄レアグルーヴィン』
幻のマルタカ・レコード、ついに復刻なる
表紙へ戻る