アイヌ・ミュージシャンのOKI、国後の「ムネオハウス」訪問
チカル・スタジオ
 アイヌ・ミュージシャンのOKIが、国後島の「友好の家」(通称、ムネオハウス)を訪れ、その様子を語った(2002年9月7日付)。
 非政府組織(NGO)「ピースボート」のゲストとして、8月27日に訪れたもので、これはビザなしの渡航だったことで新聞でも大きく報道されたもの。
 OKIによれば「ムネオハウスは4億円もかけて建設されたと言われているけど、専門家に見てもらったら、建築資財の輸入にどんなにお金がかかったとしても1億円にも届かないと言われた。スリッパから蛍光灯にいたるまで、全部日本製で、しかも地元の人が使用するための家ではなく、中を見れば、国後島にやってきた日本人のためだということがわかった。地元のためになんか、なっていない」
「国後島は、自然にあふれた島で、野菜などは困ることがあるようだけど、魚なんかは入れ食い状態で、大きいのがすぐ釣れるほど豊かな場所だった。日本の生活からすれば、貧しいとか何とか言うんだろうけど、決してそうじゃない」    
 写真は、リード・ボーカリストのレクポと。
チカル・スタジオ
「アイヌの俺の意見では、国後を日本に返すべきだ、なんて簡単に言ってはならないね。もし日本のものになったら、やれ建設だ、やれ観光だと国後の今の生活と自然がメチャクチャになってしまうことは目に見えてる。それは、実際に行ってみてわかった。よく考えなくちゃ」

 今回の「ピースボート」は、約570人が参加して、8月15日に神戸を出航し、北朝鮮の元山、韓国の釜山、サハリンなどを訪問した。OKIがゲスト参加したのは北方で、国後島に滞在後、8月30日に東京へ帰港した。

( 2002/09/07 )

テックス・メックスの巨星、スティーブ・ジョーダンさん、逝く
本日の「第2回 コザ・てるりん祭」、雨天でも決行!
ママ・アフリカ、ミリアム・マケバさんが亡くなる
アイザック・ヘイズさん、65歳で亡くなる
炎天下の「海の日、サンゴの日」、無事終了!
「第2回船浮音祭り」は各地から400名を集めて大成功
不朽の名ベーシスト、カチャーオ・ロペスさんが亡くなる
「奄美の応援団」が発足:NHK紅白歌合戦に奄美の歌を出そう
今、全米で一番に知られているシンガーって誰よ…Kristen or Ashley Alexandra Dupre
live「島唄情け唄〜知名定男・大城美佐子 二人唄会」
OKI
注目のアイヌ・ミュージシャン、オキ
アイヌ文化の伝承者、安東ウメ子さんを偲ぶライブが芽室町で
アイヌ音楽の伝承者、安東ウメ子さん亡くなる
アイヌ・ミュージシャンのOKI、国後の「ムネオハウス」訪問
新しいレベル・ミュージック---OKIのアイヌ・ポップ
OKIの“アイヌ・ダブ・ミュージック“が完成(秀作!)
表紙へ戻る