竹本越路大夫(日本)
Takemoto Koshijidayu
 文楽の太夫として長く活動した人物。本名、小出清(こいで・きよし)。人間国宝。
 大阪に生まれ、淡路島に転居した時に父から義太夫を学んだ。その後、二世豊竹古靭大夫(後の豊竹山城少掾)の門下に入る。66年、四世竹本越路大夫を襲名。71年、人間国宝に認定される。
 89年に心臓病が悪化したために現役を引退。
 2002年6月24日、肝不全のために、89歳で亡くなる。

( 2002/06/27 )

松田弘一(まつだ・ひろかず)[沖縄]
前川朝昭(まえかわ・ちょうしょう)[沖縄]
ティト・ロドリゲス(ラテン)
阿麻和利(あまわり)[沖縄]
山里ゆき子(やまざと・ゆきこ)/山里ユキ[沖縄]
城間ひろみ(しろま・ひろみ)[沖縄]
玉城安定(沖縄)
照喜名朝一(てるきな・ちょういち)[沖縄]
園田青年会(そんだせいねんかい)[沖縄]
團伊玖磨
大工哲弘(だいく・てつひろ)[沖縄]
御花米(沖縄)
多嘉良朝成(たから・ちょうせい)[沖縄]
瀬良垣苗子(せらがき・なえこ)[沖縄]
津波恒徳(つは・こうとく)[沖縄]
坪山豊(つぼやま・ゆたか)[奄美]
DIAMANTES(ディアマンテス)[沖縄]
ティンクティンク[沖縄]
照屋林助(てるや・りんすけ)[沖縄]
照屋林賢(てるや・りんけん)[沖縄]
竹本越路大夫
竹本越路大夫(日本)
表紙へ戻る